2006
03

-
-
-
1
2
3
4

5
6
7
8
9
10
11

12
13
14
15
16
17
18

19
20
21
22
23
24
25

26
27
28
29
30
31
-


 
 
工事中・・・


--/--/--
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/03/31
 ちょっと実家へ
 就職も決まりまして、4月から晴れて社会人となります。これからは当然税金を納める身分であり、年金ももちろん、様々な保険とかなんとかややこしい手続きも待っています。ところが、住民票を未だ移してませんでした。

 どうやって移すのかな~と思ったら、まず地元の役所へ行き転出届、住んでいるところで転入届の手続きをすればいいんだね。シンプルですね。しかしここで、ある問題点に気が付きました。

「住み始めてから14日以内に転入届をしない者は5万円以下の過料に処する」

ぬー、これはもしや、罰金ってことか。しかし5万円とはorz 少し調べてみたら、正統な理由があればOKみたいだけど、正当な理由ってなんだろうねw とにかくまあ、早速眼前に立ちはだかる深刻な問題。でもこの春引っ越してきたと嘘をついたり(調べればすぐばれると思うけど)、届けをしないまま他の土地へと流れた場合は一体どうなるんだろう。なんだか、曖昧ですね。

 今まで、転入届を遅れて出したら職員さんに怒られた・・・という話はよく聞きましたが、罰金が存在するなんて初耳です。どうせ東京外へ行ってしまうだろう、成人式は実家で・・・とかそんな感じでサボってたわけですが、転出・転入届をするのは法律で決まっていたようです。普通に法律違反でした。法律で定められている、罰金がある・・・と分かっていれば、確実に手続きしたのに。酷い話です。これから実家を離れて一人暮らしをするという人、くれぐれも気をつけてください。
スポンサーサイト
2006/03/30
 まあ、なんというか
 えーと、採用してもらえることになりました!

 昨日の記事に書いたように、期待と不安の中ボケーっとしていると、メールが着信。見てみると、採用とのことでした。一瞬唖然としましたが、次の瞬間猛烈に興奮!
 というわけで4月から、アシスタントディレクターとして働くことになりました。現時点での実力では代理補佐心得といった感じですが、すぐにそれなりの実力を身につけてやろうと思います。まずは電話番からのスタートです!

 こんなに燃える気持ちになったのは久しぶり。京都まで初詣行ったとき以来かもしれないなw
2006/03/29
 面接行って来ました
 というわけで面接行って来ました。手ごたえとしては、思ったより状況は厳しいという感じ。

 仕事当たりの人数が少ない・・・つまり凄く忙しいだろうなってのは、業界柄なんとなく想像はしていました。実際仕事場を見ましたが、自分の想像を上回ってる雰囲気はありましたね。面接の節々にもそれは現れていて、ついには即戦力が欲しいとはっきり言われちゃいました。今まで積み上げてきたものを完全に否定されるような、気が遠くなる瞬間です。学歴は全く役に立たない、実力が物を言う世界・・・と考えれば受け入れられるものの、その実力をこれから身に付けたいという人は一体どうしたらいいんでしょうね。この手の仕事は、採用に実務経験2年以上が条件だったりする場合が多いです。僕のように、それを分かってて大学院まで出て実務経験なしって輩は、むしろ腹立たしいくらいの存在なのかもしれません。
 大学院卒業なんて、この業界で生きていけるという証にはなりません。受け入れられるためには、まずスキルアップを目指す方がよさそうというのも随分前から考えていたこと。だからこの1年は、自己流ですがHTMLやスタイルシートを使いこなす練習はしてました。何か一つでも取っ掛かりがあれば、そこから始めることができると思ったから。しかし素人に毛が生えた程度の実力で、果たして認めてもらえるのか。どれくらいの時間、成長を待ってもらえるのか。

 面接自体は、自分としては満足できるものでした。なんていうか、途切れ途切れの質問と返答というよりは、全てが繋がっている会話みたいな感じ。思わぬところで感じる一体感。自分のことが伝わったかどうかは分かりませんが、相手のことは少し分かる気がしました。いわゆるマッチングってやつなんですが、自分の方からは思わず「OKです!」と叫びたくなる感じ。これでも採用されないようなら、まずはスキルを磨きたいと思います。実務経験として認められるならばバイトだっていい。自分が合うと思った会社に入れないのだから、まずは明らかに足りない部分を補おうということです。

 道は思ったよりも険しい。でもある程度は予想していたこと。諦めず突き進んでみたいと思います・・・って書くともう今の会社諦めちゃったみたいだけど、そんなことはないですw 祈る思いで今も携帯を眺めてますよ!
2006/03/28
 明日は面接です
 遅過ぎると言わざるを得ないでしょうね、卒業しちゃってから就職活動だなんて。どの道を進むか、どこで就職するかなど、結構悩んでてなかなか就活できませんでした。色々考えた末、web制作の道を進むことに決めました。

 web制作を希望する気持ちの原点は、学園祭実行委員会にあります。ガクサイでは広報・パンフレット製作を担当しました。情報を形にすることの難しさを実感するともに、それが非常に面白いことだと気が付いたんです。当時はwebというものを理解してなかったので、ほんとがむしゃらにアナログ技を展開してましたね。例えば小金井市中の市民掲示板にビラを貼ったりもしたものです(でも剥がす体力がありませんでした、すいません)。
 webというフィールドは技術的にはかなり進みつつありますが、おそらくまだ一般的とは言えない範疇のものです。もっと極端な言い方をすれば、革新的な技術に消費者がついて行ってないないんです。追いつくのは時間の問題ですが、その過渡期を乗り切る必要は当然あり、そこを担うのがweb制作なんじゃないかなあと思いました。仕事としては企画・デザインと非常にクリエイティブですが、実は凄く身近で地味な部分ですよね。でも自分は、そういう仕事をしたいんだと最近感じています。

 というわけで明日面接を受けてきます。その会社は当然web制作会社。第一印象で自由そうなところが気に入った感じ。仕事は当然私服OK。で、会社HPとか見てると、あることに気が付きました。過去の仕事に医療関係のサイトが多いんです。医療というと、やはり高齢でwebに親しめない人も多く閲覧することになるかもしれません。おそらくだけど意識してそういう人に配慮をした作りにしてますね。コンテンツは必要最低限で、字は気持ち大きめだったり。こんな優しさを提供できる会社です。ここで一緒に働きたいなあと強く思いました。
 
 入社できるといいな(*'ー'*)
2006/03/14
 風邪を食事療法で治す
 実は風邪をひいてしまい、一週間ほどを棒に振りました。

 病院に行きたかったのですが、保険証は実家に置きっぱなしだったので断念。まあ月末までに持っていけば差額分は還ってくるのですが、面倒だったので。そこで試したのはニンニクを中心とした食事療法。ニンニクって殺菌作用があるらしいのです。ただしニンニクの食べすぎは厳禁。後から調べたら生で1片、加熱処理して3~4片が1日の限度らしいです。そうとも知らず、限度の3倍は食べる自分。ニンニクが原因かは不明だけどお腹壊してグッタリ。そして救いようのない臭い。心身ともに絶望的な状態へと陥るのでした。
 その後ゆっくりと回復し、今は咳が少し出る程度です。ニンニクが効いたのかどうかは、さっぱりわかりませんがorz
2006/03/12
 とりあえず
 ブログを開設してみました。開設を決めてから時間がかかったのは、ブログタイトルをどうしようかなと迷っていたから。

 僕が新しく行動を起こすとき、まず形から入ることが結構あります。具体的な行動は形ができてからがいいという考え方。それまでは、頭の中でアイディアを蓄積するのです。ここで言うアイディアっていうのは、自分や他人の経験、あるいは自然を基にした抽象的なイメージのこと(自分でも上手く言えないけど)。抽象的な状態をなるべく保ったままそれらが溶け合い、ある瞬間に具体的な1つのものへと変わるのです。こうして生まれるのが〝オリジナル〟なのだと思います。何かにインスパイアされたオリジナルですけどね。でもオリジナルってこういうものだと思います。無から生み出されるオリジナルがあったら、それはすごく魅力的なものかもしれませんが。
 僕は過去の経験を大事にしています。擬古主義って言い方でもいいけど、もっと積極的に未来を意識してるつもりかな。ブログタイトルですが、「a⇔f」のaは「archaism」(擬古主義)、fは「futurism」(未来主義)を表しています。このブログを通して、自分だけのオリジナルを見つけられたらという願いをこめて。







■ひまわりの小部屋

タイトルイメージのオレンジの画像をお借りしました。

■FC2

このブログスペースのレンタル元です。

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。